性カウンセリング

セックスレスの解決方法

外来診療をしていてセックスレスカップルにお会いすることがあります。その方たちは、結婚して7年、一度も性行為を行えていません。結婚前に関しても、性行為したのはほんの数回で、性行為での結びつきは彼らにとって存在していない状況です。

日本性科学会ではセックスレスを「特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャルコンタクトが1ヶ月以上なく、その後も長期にわたることが予想される場合」と定義しています。

我々はこのようなセックスレスカップルのカウンセリングを行うことがあります。特に、前向きに解決したいと思っている、お子さんを望んでいるかたや、セックスレスになって長い中高年カップルがターゲットになります。

ちなみにセックスレスの定義ですが、1ヶ月の性行回数が1回未満とされています。コンドームメーカー2013年の調査では日本人の1ヶ月の平均性交回数は2.1回です。これは、性行為回数が比較的多い20代から少なくなる60代までを含めた数字です。全世界的に見てもこれは異常に少ないとされており、世界最低を毎年更新しています。

統計調査では日本人40代の月当たりの性行為回数は2013年で1.8 回/月ですが、過去の資料をみると昭和28年時点で3.2 回です。その頃は、高度経済成長期に差し掛かった時期ですが、一過程で子供が3人以上は当たり前だった頃です。

何故こういうことになったのか、考えられることとしては婚姻における夫婦の関係性の問題、女性の社会進出、婚外交渉、日本特有の住環境などなどありますが、究極的にはカップル双方のストレス、つまり社会的緊張や不安の増加などが高まっていく中で、性行為を楽しむ時間が失われていることにあると考えています。

次にセックスレスカップルのカウンセリングでの課題を簡単に説明します。私たちは性格分析による性格特徴の理解をまずお勧めしています。同時に簡単なスキンシップから始まる行動療法を進めていきます。

セックスレスの解決方法

性格分析による性格特徴の理解:簡単なテストで人の性格は8種類に割られます。相手の性格特徴がわかれば、カップルでの歩み寄りが容易になります。

行動療法:まずは簡単なスキンシップから、徐々に直接的な関わりを増やしていく手法をとっています。段階的に触れ合いを増やして行くことによって距離感を縮めます。

心理カウンセリング:2人の間に心の溝がある場合、カウンセリングが非常に重要になってきます。最初は個別カウンセリング、そしてカップルカウンセリングでお互いの心の溝を埋めていきます。

このような取り組みがうまく行かない場合ももちろんあります。しかし、どんな形であれ変化したい、前に進みたいということであれば是非、私たちが運営しているサークル活動に参加してください。有効な解決方法が提示できると思います。また現代の中高年の性的な状況が知りたければ、性科学学会が発行している以下の本が参考になります。自分の性を客観的に見直してみるには良い本かと思います。