性カウンセリング

性嫌悪という呪縛

性嫌悪の定義は本邦でははっきりしたものがありませんが、性的雰囲気になるのを嫌ったり、性的接触を極端に嫌悪し回避する現象のことです。精神科の診断基準、DSM-5  精神障害の診断と統計マニュアル 第5版では女性の性的関心と興奮の障害(Female sexual interest/ Arousal disorder)に分類されます。また最近では男性の性嫌悪も問題になることがあるようですが、やはり女性の性機能障害としての性嫌悪症が圧倒的に多い印象です。

女性の性嫌悪の原因ですが、様々なものがあると思います。これについてはセックスカウンセラーの西郷理恵子先生が東邦大学で調査した結果、「性嫌悪」以外の自覚症状として8割が性欲低下、7割が興奮障害、1割がオーガズム障害を伴っていたようです。さらに、8割はトラウマや性に否定的な思い込みやしつけ等の原因はなく、パートナーとの関係性に問題があったようです。このアンケート調査では多くの方が「セックスに持ち込む際、ムードや技術がなく、いきなり胸や性器を触ってくる」ことに強い不満を示していました。

私が経験した割と重症な例では、性に対する過去のトラウマがある方がいらっしゃいます。例えば性行為を強要されたり、痴漢被害にあったようなケースです。初めての性的な経験が上記のようなものであれば、決して性行為を素晴らしいものと認識できません。むしろ、性自体を恐怖、痛みのような概念でしか捉えられなくなります。それに加えてワギニスムスといって膣の周囲の筋肉が痙攣して膣が不随意収縮を起こし挿入困難になっていることもあります。

そうなると、女性の場合、異性とのコミュニケーションに支障が出てきてしまいます。実際には、異性と付き合うことができなくなったり、実際に付き合っても性行為がなく別れてしまったり、もし結婚できてもセックスレスの状態になり不妊カップルになってしまいます。次に性嫌悪の治療について簡単に説明します。

性嫌悪の解決方法

カップルカウンセリング:先ほど紹介したアンケート調査でも男性パートナーの女性に対する扱い、態度が問題となることも多々あります。まずお互いの感情を理解し合っていただき、男性性教育も兼ねてしっかりカウンセリングします。

行動療法:まずはタッチセラピーとして体周囲から陰部に向かって触られる感覚に慣れていきます。また膣ダイレータを使用して徐々に膣を拡張します。自分以外にパートナーの方にもやっていただきます。

心理カウンセリング :上記の行動療法と同時進行で心理カウンセリングを行います。具体的には、交流分析の手法を取り入れた過去のトラウマ体験を乗り越える方法や恐怖症の克服のための心理トレーニングを行います。

性嫌悪になる方は様々な背景があります。一般的に女性がセックスできる条件として、相手に対する性欲(ときめき・発情)と相手に対する共感(尊敬・親しみ)の少なくとも一つが必要と考えられています。一方で女性は男性に比べて、我慢して性行為に応じてしまう状況に陥りやすく、その原因として「虚児希望」「離婚した際の経済的不安」「孤独への恐怖」があると推察されています。

性嫌悪症の女性の多くは前述したトラウマ体験が背景にあり、その呪縛からの解放は一筋縄ではいきません。それでも、パートナーとの関係を改善させたい、パートナーから関係の修正を求められている、不妊を解決したいなどの理由で解決したいと思っている人もたくさんおられると思います。お悩みになっている人は、上記カウンセリング、行動療法を女性アシスタントと共に提供する場を設けていますので、一度ご相談ください。