ブックレビュー

セックスレスの精神医学

阿部先生は精神科医ですが、性科学に造詣が深く、日々の診療でもセックスセラピーに特化して診療を行っています。この分野では権威者であり、性科学学会の重鎮として様々な講演を精力的に行っております。

この本の大まかな内容

全部で6章にわかれています。第1章で「セックスと心の問題」として、セックスセラピーについて大まかな説明をしています。第2章「夜が怖い男たち」では、男性の性嫌悪症にスポットライトをあてています。第3章「思いを告げられない男たち」ではEDについて詳しく解説しています。第4章「そして男の悩みは尽きない」として膣内射精障害の増加に関して問題提起しています。第5章は「性に苦しむ女たち」は、女性の性嫌悪、膣痙攣、性交疼痛に関して詳細が書かれています。最終章の第6章は「セックスレスの処方箋」として阿部先生のカウンセリングの手法を紹介しています。

この本を購読して良かったこと

セックスレスに悩んでいる方は、読んでおかなくてはならない本でしょう。世の中にはいろんなカップルがいますが、セックスレスになると、それを普通のことだとして受け止めてしまっている方が多く、どうしてもそれを解決したいと願い行動することが億劫になりがちですね。そんな中、実例とともに現状と解決方法を明示していくれる良書です。

我々は普段のカウンセリング活動としてセックスレスカップルのセックスセラピーを行ってます。そこでお互いの思いを打ち明けてみませんか?ご相談、ご予約ご希望の方はフォームからお願い致します。